神社一覧SHRINE LIST

東大野八幡神社 (ひがしおおのはちまんじんじゃ)

東大野八幡神社の結婚式

社記によれば、天智天皇五年(666年)二月に高津尾の里降原(現在の郷原)影向石に八幡大神の神霊(みたま)が出顕。
「吾は廣旗八旗神なり」と宮崎守明に神託したとも云われています。その後、養老四年(720年)秋、始めて放生会(ほうじょうえ)あり、
大宮司並びに次官十二名供奉云々とあるを以て、当時社頭が盛大で在ったと考えられます。
天喜三年(1055年)、社殿を山本村沼に遷し、沼宮と称されました。享禄五年(1532年)、大友氏の兵火に遭い、
社殿を悉く焼失しましたが、天文五年(1536年)、大内氏が社殿を再建しました。その後、東西大野郷十六ヶ村の産土神となりました。
同年八月大野山上に鎮座大野八幡宮と称し、大野郷(東谷、中谷の全村及び合馬、田代17ヶ村)の産土(うぶすな)神と崇む。
寛文七年(1667年)丁未(ひのとひつじ)衆庶の崇敬によって、現在地花枝山に社殿を建立勧請せられ、以来東大野八幡神社と称し、
東谷十ヶ村の産土神と崇められ、また寛延二年(1749年)二月二十日、小倉城主小笠原忠基公が奉幣し、里人に社殿再建を命じられました。
その後小森手長大社となり、明治五年郷社となりました。

東大野八幡神社|住吉神社・護国神社など神社結婚式に人気の神社|福岡・九州で和装の神社結婚式・和婚ならウェディングセレクト!和婚

INFORMATION 基本情報/アクセス

初穂料 要問合せ
エリア

北九州・筑豊エリア

収容人数 50名
電話番号 093-451-0377
住所 〒803-0187 福岡県北九州市小倉南区母原55
特色

駐車場有

支度室有

家族だけ

和装

色打掛

白無垢

ロケーション撮影

お子様と

マタニティ

公共交通機関をご利用の場合
JR→日田英彦山線石原町駅下車。徒歩8分。
西鉄バス→鉄工団地入り口下車。徒歩5分。
自動車・タクシーをご利用の場合
九州自動車道 小倉南インターから国道322号線を田川方面に南下。4つ 目の信号(東大野八幡神社前)を左折。
田川方面から来られた場合、国道322号線を北上。平尾台入り口交差点から5つ目の信号(東大野八幡神社前)を右折。平尾台入り口から車で5分。

こだわりの神社結婚式・和婚・お食事会なら
ウェディングセレクト!和婚にお任せください。

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.092-522-1110営業時間 10:30~19:00(木曜日定休)

神社結婚式に必要なプラン/ご費用


神社へ納める初穂料を神社一覧で見る 神社結婚式プラン48000円を料金プランで見る
神社へ納める初穂料を神社一覧で見る 神社結婚式プラン48000円を料金プランで見る
+

必要なものだけ選べるオプション


SHRINE 人気神社ピックアップ

神社結婚式・和婚に人気の神社・仏閣をお選びください。

こだわりの神社結婚式・和婚・お食事会なら
ウェディングセレクト!和婚にお任せください。

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.092-522-1110営業時間 10:30~19:00(木曜日定休)
プライバシーポリシーPRIVACY POLICY

株式会社Adatto(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、
全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
1. お客さまの同意がある場合
2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
3. 法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。